TOP > コース ダイエット

ダイエット

ダイエットの代表例
?体重減量、体脂肪減量、筋量増大、食事習慣改善、生活習慣病
、足首

…「よい状態」とは
筋肉は伸び縮みをすることでエネルギー(カロリー)を消費します。伸び縮みをすると関節(骨)が動きます。成功の秘訣は、たくさんの関節がスムーズに動き、たくさん筋肉がしっかりと伸び縮みが出来る状態を作ることが大切です。

…「悪い状態」とは
姿勢が崩れて、関節にゆがみがおきると、関節が動きにくくなるので、当然筋肉の動きもわるくなります。その状態で筋トレやウォーキングを行っても、消費カロリーをうまく稼げないどころか、特定の筋肉が発達してしまい、ボディバランスも崩します。

コアトレで改善

コアトレで、姿勢と関節を整え、筋肉の働きを活発にして、代謝(カロリー消費)をアップさせて、脂肪撃退を目指します。

体験例1

● 体験者 … 20代女性 (50.4kg→44.6kg)
● 目的達成までの期間 … 3ヵ月間
● トレーニング頻度 … 月3回 (パーソナル60分)

● 目的達成までのプロセスと効果
1ヵ月目)…全身の引き締まり感が出てきた。
<トレーニング内容> ・行ったのは全身のトレーニングです。まずはシンプルに身体を動かすことから始めていきます。
・同時に行ったのが食事コントロール。
・運動と栄養のバランスでどれくらいの食事なら痩せれるかをチェック。これを行うことで食べたいものを食べつつ痩せることができます。

2ヵ月目)…ウエストのくびれが出てきた。
・トレーニングも慣れてきたので骨の配列を整えるエクササイズを取り入れて行います。
・自体重でのトレーニングをしっかり実施

3ヵ月目)…体型が維持され増減の幅が落ち着いてきた。
・エクササイズも食事も痩せれる形が習得できてきたので、歩き方等の指導もしました。
・現在は体型を維持しつつ食べたいものを食べたり、細いままで力強い体づくりを目指してトレーニングを 継続しております。

体験例2

● 体験者 … 60代女性 (83.2kg→80.4kg)
● 目的達成までの期間 … 4ヵ月間
● トレーニング頻度 … 月4回 (パーソナル30分)

● 目的達成までのプロセスと効果
1ヵ月目)…痛みが治まってきて不安なく動けるようになった。
<トレーニング内容> ・体に不調を感じていたのでどのような動きが痛みができるのか、どのような強度の運動ができるのかを チェックしながら運動を進めていきました。
・同時に食事のコントロールもスタート。
・食事で変えたことはお菓子や果物を減らして、肉魚卵を増やすということを行いました。

2~3ヵ月目)…体の引き締まった感じが出てきて見た目に変化し、体重が減ってきました。
・少しずつ強度を上げたり、少し難しいエクササイズへチャレンジしてもらいました。
・体を動かすことが少しずつできてきて、日常でも運動をしてもらいました。

4ヵ月目)…慣れもあり少し減量が止まってきた。
・運動強度を上げていく段階になってきた。
・トレーニングは週に30分だけですので、運動での効果に加えて、ご本人様の日常での運動や食事が変わって きていることも大きな要因です。

 

page top