丸山 竜司

思いを込めた寄り添うサポート

プロフィール

丸山 竜司

元気な体づくりトレーナー

丁寧な評価力と手厚いサポート力

指導歴:3年
出身校
広島リゾート&スポーツ専門学校
保有資格
・日本コアコンディショニング協会
 アドバンストトレーナー
 ひめトレインストラクター
・健康運動実践指導者

強みと得意分野

●継続を促すサポート力
●習慣化への運動プログラム
●原因の探し出す見る力
●家事をしやすい体づくり
●基礎体力づくり・姿勢改善

広島リゾート&スポーツ専門学校で体や運動の基礎知識である、機能解剖学、運動生理学、トレーニング論などを専門的に学びながら、フィットネスクラブでの実習やアルバイトなどで、実践実務経験を積む。
卒業後、更に様々な経験を積んでいくため、フィットネスクラブでのパーソナルセッション、グループレッスン、キッズスクール(体操・水泳)などの多岐に渡る指導経験を積んでいく。
 
この過程の中で、社会に出て生活している方々の健康に対する考え方などに触れ、体に対して抱えている不調や悩みを抱えている人がとても多いことに気づく。こうした悩みを解消すべく、鍛える運動であるトレーニングを中心にサポートを行っていくが、成果が出る方と出ない方といることに気づく。
 
なぜ出ない方がいるのか、という疑問点を解消するために色々な情報を収集していくうちに「鍛えるのではなく、整えること」という考え方に出会う。これが現在、彼の得意とするコンディショニング(整える運動)との出会いだった。
 
コンディショニングを取り入れることで、解決しきれなかった不調や悩みが解消していく現実を目の当たりにする。この経験をもとに、コンディショニングを更に学び深めていき、得意分野の土台を確立し始める。
 
彼が現在サポートする方は30~50代の主婦の方を中心に
・首から方にかけての痛みの解消
・猫背、巻き肩の解消
・家事を元気にこなす体づくり
・子どもと遊べる体力づくり
こうした要望を持った方々のサポートを行っている。
 
彼の最大の強みは「一人一人にあった最適な運動プログラムの提供」である。
姿勢と動きの評価から、その人の悩みを引き起こしている原因と問題点を探し出し、現状をわかりやすく丁寧に解説してくれる。それらを改善するためコンディショニングを中心にプログラムを提供する。また日常生活の活動レベルに合わせてトレーニングのプログラムも提供し、体レベルの底上げを行う。
 
その日やその時の状態に合わせたオーダーメイドのプログラムだからこそ、継続へのモチベーションとなり、目標達成へと寄り添うように導いてくれる。
 
また、家事をしていてなかなか時間が取れない方にとっても、家で簡単にできるプログラムも提供してくれるため、無理なく運動を行うことが習慣化しやすい。出来るだけ楽をしたい方や運動継続初心者にとっては、ハードルが低く優しいスタートを切れる、おススメのトレーナーである。
 
彼の手厚い寄り添うサポートは、家事や日々の生活の中で困っていることをクリアし「なりたい自分」を実現させてくれる。そのため、毎日を元気に過ごしたい、痛みや不調を根本的に解消したい、基礎体力をつけたいなど、日常生活の中に悩みを抱えている方が多く、厚い信頼を寄せている。

この仕事選んだわけ

人のために何かしたい!
人助けをしたい!

幼稚園の頃から専門学校までの14年間サッカーをしてきました。
長年サッカーをしてきたのですが、中学校の時にオスグッドという、膝の周りに腫れと痛みが生じる、成長期に頻発する疾患になってしまいました。
そのため大好きだったサッカーが出来ない時期があり、とても苦しい思いをした経験があります。

その当時、携わってくれたコーチやトレーナーさんが、とても親身になってくださり、治療や改善に集中できたこともあり、予定より早く復帰することが出来ました。その時に「思いっきり動けることの喜び」「大好きなことに熱中できる楽しさ」を痛切に感じたことを覚えています。
 
この経験をきっかけに中学生だった自分は「人を助けたい」「人のために何かをしたい」と考えるようになりました。ケガを経験し、トレーナーさんにも出会ったことで、その仕事に興味を持ったので独学ですが、人の体の構造や機能、ケガやリハビリについて勉強し始めました。知れば知るほどに奥が深く、どんどんのめり込んでいく自分がいました。
 
高校生になり、進路を決める頃には「トレーナーになる!」と決意していたため、トレーナーを養成する専門学校へと進学しました。ここではより専門的に体や運動のことについて勉強をしたのですが、すごく興味があって大好きなことだったので、内容がおもしろくて、毎日が楽しくて、やっぱりこの路へと進んでよかったと心から思いました。
 
専門学校時代には、フィットネスクラブでの実習やアルバイトを行っていたのですが、そこでは中高年の方々とお話をする機会が多く、親しくなっていくと色々なお話を聞かせてくださいました。
その中で特に多かったのが、肩こりや腰痛、膝痛など慢性的で治り切らない不調や悩みを抱えていることでした。
 
「肩こりが治れば好きなことが出来るのに…」
「腰が良ければもっと楽しく運動ができるのに…」
 
と諦めたように言われていたのです。
 
正直、その現状にはびっくりしました。
元気になるためにフィットネスクラブに通っているのに、自己流でやっているため効果的な解決方法になっていないんだと。だとすれば、その人その人に合った適切な運動方法を伝えていくことで、不調や悩みを解消していけるお手伝いができるのではないかと考えました。
 
自分の経験から困っている人を助けたいという思いが強いため「この方たちの悩みを絶対に解決したい!」と思い、当時の自分でベストを尽くし、アドバイスしたりしていました。
すると、アドバイスしたり指導したりした方から、今まで見たことのないような笑顔で「すごく楽になったよ!ありがとう!」という感謝の言葉をいただけたのです。
 
その様子を見て、自分もとても幸せな気持ちになりました。
 
その人の体の不調や悩みが改善することにより、周りにいる方々へも笑顔の伝播が起きるのだと強く感じました。
この経験が最終的に決定打となり、コンディショニングトレーナーとして、多くの方の力となり、助けとなっていこうと、決意を固めました。
 
体の不調や悩みで困っている人を助けたい、笑顔をもたらし毎日元気な体づくりをサポートしていきたい!
そう思ったのが、この仕事を選んだきっかけです。

仕事への思い

女性には
元気なお母さんで
あってほしい!

私の母親は昔から肩こりや腰痛があり、仕事から帰ってくるといつもつらそうな様子でした。掃除や洗濯、料理をつくるときもしんどそうな顔をしていて、それがストレスとなり心身の調子がわるくなっていました。

それにより、家族の雰囲気も少し暗くなってしまう時もありました。なので、何とかしようと思い、小さい頃は肩たたきや足のマッサージをしていました。それは長年続き、高校生になった時でも時間があれば行っていました。
その日は体の調子が良くなるようですが、次の日になるとまた肩の痛みや腰痛が再発します。社会人となり、子どもの頃よりは専門知識や技術が身についたので、色々と試していましたが、どうにも解消しきれない…。
 
どうやったら改善するのだろうか?と悩んでいた時に「コンディショニング」という考え方に出会い、体を整えることの重要性を学びました。それを母親に実践していくと、肩の痛みや腰痛が再発する頻度が減ったのです。
 
そうすると家に帰ってからの家事にかかっていた時間も短くなり、自分の時間を作れるようになりました。母親はその時間を有効的に使い、ストレス発散に充てたり、リラックスする時間に充てたりし、次の日もまた頑張ろう!という表情や様子を見せてくれるようになりました。
これにより母親が元気になり、家族の雰囲気もすごくよくなっていったんです!
 
私は母親と同じように肩こりや腰痛で困っている主婦の方、お母さん方を一人でも多く助けたいと思っています。理由は、お母さんが元気になれば、家族全体が元気になれるからです。家族全体が元気になれば、その周りの人も元気になります。
 
子どもたちは親の顔を見て、気持ちや雰囲気をくみ取ります。だからこそ、子どもたちも含めて、家族に対して元気な姿であってほしいのです。
 
そのためにトレーナーとして自分にできることを日々考えながら、今日も元気な体作りのサポートをさせていただいています!
 
お母さんの元気が、家族の元気の素!
家族の元気が、社会の元気の素!
 
そのように元気でいるというプラスの連鎖を生み出していきたいという強く大きな思いをもって、コンディショニングトレーナーとして活動しています!

まるやまはこんな人

人間観察大好き!
真面目で愚直!

私は小さい頃から、人前に立つことが好きだったり、お願いされたり任されたりしたものに関しては、快く引き受けていました。引き受けたからには、より良いものをと考えて、真剣に一生懸命に努力というか、やり抜くような、真面目で真っすぐ取り組んでいくようなタイプです。先生もそんな自分の性格を見抜いていたのか、いろんなことを頼まれていたように思います(笑)

運動会では全校生徒の前でラジオ体操を自ら進んでやったり、クラスの学級委員長に立候補してクラス全体をまとめたり、小学校の時はお願いされると率先して、あれもこれもやっていました。
そういった幼少期の経験から、人のために、という考えというか、価値観が培われていったんだろうなって、今振り返るとそう思います。
 
そんな少年が大人になり、社会人になってからは、フィットネスクラブでインストラクターとして、20名を超えるような方を相手にグループレッスンを行ったり、水泳や体操のコーチとして子どもたちに色々と教えたり。
任されたり、与えられたことに関しては、自分の中で責任感を持ちより良いものを作ろうと努力を惜しまない、そんな大人になりました。
 
こんな感じで意外と目立つことも好きなんですが、周りからのイメージは「優しい」「真面目」「落ち着いている」というものがあるみたいで、意外だとよく言われます(笑)
 
どんな小さなことでも、自分にまかされたものは、求められていること以上を返して当然!みたいな、価値観や責任感があり、一度手を付けたものは、最後までやり抜いたり、けっこうクオリティの高いものを作ったりするので、そんなイメージがあるのかもしれません(笑)
 
また、人間観察も好きなんですが、これは幼少期に学級委員長などをやっていて、みんなをまとめるのに、様子を観察していたから身についたことかもしれません。その人その人の状況を把握して、適した言葉がけをしたり対応をしたり。思い返すと、大人な子どもだったかもしれませんね(笑)
 
その経験もあってか、担当させてもらっている会員さんの様子もよく観察しています。いつもと何か様子が違うな?と、テンション、声のトーン、顔つきなどが微妙に違うのがよくわかります。
 
会員さんには「親身になって話を聞いてくれて優しい人」とよく言われます。お一人お一人の様子を把握できるので、それに合わせたような声かけができるようになっているんだと思います。
 
物事をよく観察し、最後までしっかりと取り組んでやり抜く、ということは自分の性格だと理解しています。でも、それは自分にとっては当たり前なんですよね。だから、コア×コアのスタッフから「朝早くから来てトレーニングして真面目だね」とか「メモを細かくぎっしり書いて真面目だね」とか言われるのですが、それは当たり前だと思ってるので『これは真面目か???』と疑問に感じています(笑)
 
こんな私なので、しっかり観察してもらい、手厚いサポートを長期的に受けたい方にはおススメの物件だと、自分で思います!